確定申告(タックスリターン)で学費の一部が返金される!|カナダ

さて今年もカナダの確定申告(tax return)の時期になりました。

 

確定申告は前年の分(1月から12月)の申請を翌年の4月30日までに行います。※4月30日を過ぎても申請自体はできますが、追加で税金を支払うことになる場合は利子が加算されます。

以前の記事もご参考ください↓↓

 

カナダのタックスリターンの必要書類などについては他のサイトでも記載されているページが多いので、今回は、学費がどのくらい返金されるのか、私のケースでご紹介です。

 

ポイント!
・まずはSINを取得
・語学学校などのESLは対象外
大学・専門学校などのPost-Secondary Programの学費が対象

 

2020年からVocational Collegeに通い始めた私。

 

もしや、Vocational Collegeもタックスリターンの対象になるのでは?と思っていたところ、3月上旬に学校から「T2202A」というタックスリターンに必要な書面が自宅へ郵送されてきました。その書面を提出して申告。

 

昨年支払った学費は、「24,430CAD」。なんて痛い出費!!

 

そして返金額は、「3,320CAD」!!!

 

ありがたい。。。もう本当にありがたいです。

 

尚、私は現在カナダでの収入はなく、夫の海外での収入を申告してこの金額になります。
申告者本人がカナダで働いている場合や世帯収入(カナダ外も含めた)がかなり多い場合は返金額も変わってくると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事