公立小学校で朝食の提供開始。|モントリオール・カナダ

すでに冬休みに入っている我が家ですが、小学校で朝食が出るようになったので内容をご紹介。

EMSB(English Montreal School Board)の公立小学校に通っているのですが、無料で朝食の提供が開始されました。

 

内容は下記のような感じです。

 

<1日目>
・みかんゼリー
・スティックタイプのお菓子
・チーズ

 

<2日目>
・ジャムパン
・みかん
・前日の残り

 

<3日目>
・シリアル
・りんご
・前日の残り

 

<4日目>
・クッキー
・スティックタイプのお菓子
・前日の残り

 

上記のような感じで、持ち運びがしやすい軽い食事内容です。
飲み物は、牛乳、チョコミルクなど。

 

学校についてからすぐに朝食の時間。もちろん自宅でしっかり食べて来る子はおなかがすいてないので食べない子もいます。好きなものを選んで良いので、食べるか食べないかも本人の自由です。

 

朝食とは別に、10時30頃におやつ(持参)の時間があり、そのあとお昼ご飯(持参or学校で購入)、午後のおやつ(持参)もあるので学校での食事の時間は一日に計4回。おやつの時間に朝食でもらったものを食べてもOK。

 

どんだけ学校で食べるんじゃい!と思うものの、日本の学校でもおやつの時間はあったほうがいいなと個人的には思います。

 

私が学生の時は、お昼ご飯の1,2時間前からおなかがグーグーなっていたし、おなかが空いていたら勉強も集中できないですからね~。

 

それから、欧米の人たちはアジア人と比べると身長が高くて体系もがっちりしている人が多いじゃないですか。
これは、学校のおやつタイムも多少なりと影響してるのでは?!(何の根拠もないです)。ただし、おやつタイムにポテトチップスを一袋食べている子もいるようなので、そういうおやつを毎日食べていたら肥満につながりそうです。

 

 

話がそれましたが、、、学校でおやつを食べられるっていいなぁ~。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事