以前から気になっていた、上海にある「家全七福」という広東料理店へ行ってきました!本店は香港。日本には東京丸ビルと大阪に支店があります。そしてお店に到着してから知ったのですが、上海静安寺の家全七福は2017年から3年連続ミシュラン一つ星店になっているようです。さすが星付き、どれも美味しかったです!

店舗

上海には2店舗。静安寺と浦東にあります。
今回は静安寺の嘉里中心店へ行ってきました。
建物が大きいのでたどり着くまで少し迷いました。東棟です。

 

入口にはカウンター。

お店についてあまり調べないで行ってしまったのですが、中に入ると足元は全面カーペット、内装がしっかりしていて、ずらりと円卓が並んでいます。テーブルクロスに飾り皿、おっと、これはお高い部類のお店ですね・・・とその時気づきました。

ランチ

今回は点心を中心に飲茶を楽しみました(→高級店って知らなかったし予算がね)。

そのうちの美味しかったものをご紹介。

海老蒸し餃子↓(七福鮮虾饺)4粒:62元(約1,050円)
大きい。生地はもちもち。中のエビはミンチではなく、大きめにカットしてあるので歯ごたえ&エビの旨味も十分。

チャーシューの腸粉↓(叉焼腸粉56元。おすすめ。
この腸粉、好きなんだよね~。「腸」っていうネーミングがイマイチだけど。。。米粉で生地を作って具を包んで蒸す広東料理の一つ。生地はふにゃふにゃトロンという感じ。中身の叉焼はあまりピンとこなかったので違う具のほうが良かったかも。エビ入りのものとかもあります。

大根もち↓(香煎萝卜糕) 3つ:45元
これも米粉を使った大根入りのもので、もちもち系。表面は焼いてある。まいう~

焼きそばみたいなの(星洲炒米) 118元
炭水化物をどれにしようか迷ったのですがこれをチョイスしました。日本の焼きそばに近い感じ。上の子がモリモリ食べてた。

マンゴーデザート(楊枝甘露) 56元
日本語で何ていうのかわからないのだけど、このデザートが美味しくないお店ってないんじゃないかなぁ。
マンゴー(マンゴーの実とソース)、タピオカ、ザボン(実をほぐしたものが少し)が入っている。
香港のデザートみたいです。安定のおいしさ。

 

4人(うち二人は子供)で600元くらいでした。
点心以外にも、フカヒレやアワビ料理などもあるようです。

お茶のメニューがあるのかないのか分かりませんが、口頭でいくつか茶葉の種類を言われたので、鉄観音にしました。
(→その他は龍井茶しか聞き取れなかったけどね)

まとめ

どれも美味しかったです!
全体的にさっぱりした味付けで、素材を生かした上品な感じ。
店内もきれい。

 

上海の他には、香港、北京、深セン、東京、大阪に店舗があります。

 

家全七福
英語名:Seventh Son Restaurant
静安店:南京西路1515号静安嘉里中心一期2楼E2-03室
※静安寺駅から徒歩3分
営業時間:11:30-14:30(土日は-15:00)、17:00-22:00
浦東店:富城路33号香格里拉大酒店浦江楼2楼
営業時間:11:30-14:00(土日:11:00-14:30)
17:00-22:00(土日:17:30-22:00)
※陆家嘴駅から徒歩5分

 

☆こちらの記事もおすすめです☆

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事