私は上海に現在住んでいるのですが、滞在中に水郷古鎮をいくつか訪れたので、目的別・所要時間別におすすめの水郷古鎮をまとめてご紹介します。上海観光は外灘と豫園には必ず行くと思いますが、それ以外にも行くなら、個人的には田子坊や新天地より水郷古鎮がおすすめです。上海滞在の日数が限られている場合、1か所か2か所しか行けないけど、どの古鎮がいいのか迷うポイントだと思うので、参考になれば幸いです。

水郷古鎮とは?

「水郷古鎮」とは、上海や蘇州、杭州付近の江南地区にある、水路で形成された昔ながらの民居や生活様式が並ぶ古い町のことです。何百年、何千年以上の歴史をもつ町もあります。運河のため、遊覧船でのんびり水路から街並みを眺めるのもおすすめです。

江南六大古鎮とはどこ?

上海近郊の水郷古鎮には、江南六大古鎮と呼ばれる代表的な下記6つの古鎮があります。この6つは江南水郷三明珠とも呼ばれます。尚、六大古鎮以外にも水郷古鎮は多数あります。

 

    • 周庄:蘇州の南東40kmに位置。初めて中国政府から5A級景区認定を受けた水郷
    • 同里:蘇州の南東20kmに位置。15本の運河と49本の橋が架かる
    • 甪直:蘇州の東南東25kmに位置。歴史はおよそ2500年。三方を5つの湖に囲まれている小さな古鎮
    • 南浔:上海の西120kmに位置。シルク産業と手工業で栄えた町
    • 西塘:上海の西90kmに位置。屋根付きの街路のある民家や商店が並び、路地は122本ある
    • 乌镇:上海の西130kmに位置。養蚕業や醸造業で栄えた。烏鎮の名の由来となった黒茶色の水上楼閣が特徴的

古鎮の読み方はどう読む?

「古鎮」の日本語読みは「こちん」。
中国語は「古镇」。読み方は「グージェン:gǔzhèn」です。

観光地としておすすめの古鎮

アクセスのしやすさを考慮しない場合、私が行ったことのある古鎮の中でのトップ3は下記です。

 

    • 烏鎮(ウージェン:wūzhèn)
    • 西塘(シータン:xītáng)
    • 朱家角(ジュージアジャオ:zhūjiājiǎo)

 

一番は烏鎮が圧倒的におすすめです!烏鎮には東柵と西柵があるのですが、東柵は古昔ながらの雰囲気を味わえ、西柵は他のどの古鎮よりも統一感があり洗練されています。景区内の宿泊施設や見どころもたくさん。

二番目の西塘は、独特の雰囲気と雨よけの黒い屋根のある長廊が特徴的。ミッションインポッシブル3のロケ地となったことでも有名。おすすめです。

三番目におすすめなのが朱家角。コンパクトですが十分に水郷の雰囲気を味わえ、おしゃれなカフェもあります。

古鎮での滞在日数・滞在先別のおすすめ

2泊3日かけられるなら→西塘と烏鎮

上海から烏鎮へ行く場合、西塘は烏鎮の途中にあります。烏鎮までは車・バスで約2時間。せっかくですので、時間がとれるなら両方行くことをおすすめです。水郷は水郷でも、西塘と烏鎮は趣が違います。そして、西塘は夜がさらに素敵、烏鎮の西柵も夜景がきれいなので、それぞれ1泊ずつがおすすめ。上海→烏鎮東柵→烏鎮西柵(宿泊)→西塘(宿泊)→上海へ戻るという流れがおすすめです。

1泊2日なら→烏鎮

2泊は古鎮に確保できないけど1泊できるなら、烏鎮が断然おすすめです!ただし時間がないけど欲張りたいという方は、早めのペースで周れば1泊で烏鎮と西塘の両方観光できます。烏鎮東柵→烏鎮西柵(宿泊)→西塘→上海へ

日帰りまたは夕方から滞在して1泊→西塘

夕方からなら西塘がおすすめです。赤い提灯がたくさん灯り、昼間とはまた違った良さがあります。
西塘は上海から車で1時間半。同じ距離にある周庄よりおすすめです。
周庄はこちら↓ご参照ください

蘇州に滞在するなら→同里

蘇州にも滞在する予定なら、蘇州からバスで1時間の位置にある同里。尚、同里から車で25分の位置に周庄があります。

半日→朱家角

地下鉄でもアクセス可能かつコンパクトなため、短い時間で水郷の雰囲気を味わうことができます。

数時間または虹橋空港利用→七宝

どうしても時間がとれないという方は、虹橋空港からタクシーで20分の位置にある七宝老街。上海から最も行きやすい水郷古鎮。地下鉄9号線が通っています。
私は七宝も行ったことがありますが、正直な感想は「この程度か・・・」という感じでした。できればもう少し時間を作っていただき、朱家角へ行かれることをおすすめします。

好み別のおすすめ

きれいめの風景が好きなら→烏鎮or朱家角

古鎮の中でもダントツで烏鎮はきれいです。観光地化されています。朱家角もきれいめでした。

昔ながらの生活感あふれる感じが好きなら→周庄or七宝

周庄は生活感が感じられる古鎮でした。路地に入ると洗濯物がバーンと干してあったり、川で魚を卸していたり。
七宝も小さな商店が多く、雑多な感じがします。

まとめ

古鎮はそれぞれ特徴があり、一口に水郷古鎮と言っても様々です。
外灘の高層ビルもいいですが、しっとりとした昔の町を散策するのもとてもおすすめです。ぜひ行ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事