夫が今度式典があるのでスーツを買いたい、とのことなので、上海でオーダーメイドスーツを作りに行きました。上海でスーツ作るって・・・大丈夫なの??と最初は思ったのですが、すごくいい感じのお店でした。今回訪れたのは、古北にあるお店。

SUIT STORY

場所は古北の万科広場の付近。ビルの15階です。

suit story 入口
中に入ると、日本語でお出迎え。まるで日本のスーツ屋さんにいるかのようです。
改めて、上海の日本人向けサービスの充実ぶりに感心しちゃいました。
海外なのにこんなに日本語で生活していけるところってそうそうないと思います。
日本人のスタッフの方は2人在籍しているそうです。

ビル自体は古い感じなのですが、お店の中は改装してあり古さを感じさせません。

ズラリとスーツが並んでおり、低めのテーブルとイスがいくつかあります。

靴やポケットチーフも取り扱っているようです。ベルトは取り扱いなしとのこと。

私たちは窓際の席へ。

窓の外を見ると・・・あ、ここ中国だったね、と再認識。。。

テーブルの下段には日本の雑誌が置いてあります。
日本人のスタッフの方が対応してくださりました。

初日:オーダーメイドスーツ作成の流れ

まずは生地サンプルの中から好みの生地を選ぶ

採寸してもらう

パターンを選ぶ

サンプルを着て調整

裏地を選ぶ

ボタンを選ぶ

シャツの生地とパターンを選ぶ

まずは生地サンプルの中から好みの生地を選ぶ

生地は約500種類以上あるそうです。予算を伝えるとその範囲でのサンプルを持ってきていただけます。

一番お安い価格は1,690元(約28,000円)から。
こだわりのある方は、輸入物などの生地も取り寄せることができるので高いものだと何万元のものも作ることができるとのこと。

採寸してもらう

ものすごく細かく採寸していました。
採寸中はサイズを記録するためにもう一人別のスタッフがつきます。
日本でもオーダーメイドのスーツを購入していましたが、こんなに細かく採寸してもらったことはないのでは。

パターンを選ぶ

スーツのパターンや、腕ボタンの数、ポケットのデザイン(横なのか斜めなのか)、ポケットにはボタンをつけるのかつけないのか、内ポケットをつけるかつけないかなどを決めます。

サンプルを着て調整

体形に近いサンプルを着て、イメージを掴みつつさらに微調整を行います。
腕のあたりが太めなのでプラス〇cm、ウエストのわりにおしりが張り気味なのでプラス〇cmなどなど細かくチェック。
どういう形にしたいのか、スタッフの方からどんどん質問してくれるので、不慣れな方でも大丈夫。
例えば、見た目をほっそりさせたいのか、それとも見た目は妥協して着心地を楽にしたいのか。
こちらから意見を言わなくても、スムーズな流れでどういうスーツが希望なのかをを引き出してくれます。

要望と体形に合わせてベストなものを作ろうという気持ちがとても伝わりました。

裏地を選ぶ

ここからは、日本語を話せる中国人の方に対応してもらいました。
裏地もサンプルがあるのでその中から希望のものを選びます。

今回裏地はデザイン性のあるものにチャレンジしてみました。

ボタンを選ぶ

ボタンの種類は少ないなと思ったのですが、希望を申し出れば他にもあるのかもしれません。

シャツの生地とパターンを選ぶ

シャツの生地もサンプルから選びます。こちらはストライプやドット、光沢のあるものなど種類豊富でした。
襟もとや腕周りのデザインなども選べます。

 

この日行ったのはここまで。40分くらいかかったかな?

式典の予定があるので、それに間に合うように作ってくれるとのこと。

2回目来店:仮縫い

2週間後以降に仮縫いしたものを試着しに来店することになるそうです。

仮縫いできちんとチェックするというのも、しっかりしているお店だなと感じました。

 

最終チェック・微調整をしてから、3回目の来店で完成品を受け取るという流れになります。

 

次回の仮縫いが楽しみ。経過は後日また改めてアップします。お楽しみに~

 

Suit Story
住所:长宁区水城南路37号1502室(万科広場北楼15階)
tel:5279-8537/136-3649-1441
平日:10:30-20:00
土日:9:30-19:30
無休
価格の目安1,690元~2,990元。それ以上もオーダー可

ちなみにこの後は、近くにあるおしゃれなカフェに行ってお茶して帰りました。こちら↓もぜひ読んでみてください☆

☆上海情報はこちら↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
にほんブログ村

☆こちらの記事もおすすめです☆

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事