以前行ったCapella Hotelについて書いておきます。

なぜここに行ったかというと、かの有名なミシュラン三つ星シェフピエール・ガニエール氏のレストランとカフェが入っているのです!

ピエール・ガニエールシェフのレストランは以前東京の表参道(青山)にあった時に一度食べに行ったことがあるのですが、とても良かった。
この食材をこんな風に料理にしちゃうの?!という独創性があって斬新な印象だったのを覚えています。

 

下記概要です。

公式HP:https://www.capellahotels.com/en/capella-shanghai/

Capella Hotel
・LE COMPTOIR DE PIERRE GAGNAIRE
・LA BOULANGERIE
住所:上海市徐汇区建国西路480号
tel:2154666688
最寄駅:肇嘉浜路駅徒歩10分/衡山路駅徒歩10分
⇒⇒booking.comで空室をチェック

立地

このホテルの周辺はがっつりローカル雰囲気満点ですが、このホテルだけ中国ではないような佇まい。
衡山路から東平路のあたりは旧フランス租界の影響で、かわいいお店やレストランがポツポツあります。
駅からは少し距離がありますので、散歩がてらorタクシー利用がおすすめです。

レストラン

レストランは2階にあります。
せっかくなのでランチでもしていこうと思ったのですが、30分後しか入れないと言われ、食事はせず。
メニューは1階の入り口前にありました。
良く覚えてないのですが、確かランチは250元くらいからだったと思います。
週末は別料金(メニューは同じだったかな?)
ディナーはなかなかお値段はります。

カフェ

こじんまりした、カジュアルなブラッセリー。
私はここでサンドイッチを食べて、ケーキは持ち帰りで購入しました。
パンはハードタイプのものもありました!
こういうパン好きです。
上海はこういうの売っているところが少ない。

ケーキは見た目もきれいで繊細な感じ。
ピスタチオを使ったケーキが多かった印象。
これはリピートしたい!
でもちょっと遠いのでデリバリーできないかなぁと携帯で調べてみたけど見つかりませんでした。

サービス

英語を話せるスタッフは多くいました。
レストランのコンシェルジュの方はとても流暢でした。
頑張って私が中国語で話しかけたのに英語で返されて恐縮。

カフェしか利用していないのでなんとも言えないですが、カフェのサービスはいたって普通。。

私の前に白人の男性がお会計で並んでいたのですが、
ナプキンを入れたか?とスタッフの方に聞いていて、「入れてないです、そちらにあります(お客さんがいる側)」と言って指差してました。

そしてその男性は「ナプキンくらい入れるのが、君たちの仕事でしょ!」とプンプン怒って出て行かれました・・・・

ここ、ファーストフードじゃないですからね。
ピエールガニェール氏の名を冠しているわけですから、カフェといえどサービスは改善の余地があると思います。。
ま、ここは中国だからね。。

ホテル

宿泊はしていないのですが、外観は古いレンガ作りの低層ホテルでなかなか味がある感じです。

まとめ

ケーキはとても良かった!
ピエールガニエール氏のレストランは中国は上海のみ。
アジアでは5店舗(香港、東京、ダナン、上海、ソウル)ありますが、上海に来たらor住んでいたらせっかくなので足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 



 

 

☆ランキングに参加しています☆
記事が参考になりましたらシェアまたは下記をポチしていただけると嬉しいです!


にほんブログ村


上海ランキング

~Thank you for reading through~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事