中国茶を買うなら天山茶城がおすすめ!上海にあるお茶市場。この天山茶城の建物には300軒以上のお店が入っています。日本へのお土産にもいい。町中のデパートやお土産屋で買うよりこの市場のほうが種類が圧倒的に多いのでオススメです!

天山茶城

外観は豫園のような感じで、伝統的な中国っぽいデザイン。
見た目はなかなか年季を感じさせますが、中は個々のお店ごとにリフォームしています。私はこの建物の中にあるうちの一つのお店で買います。

茶叶季节

門から入って右側の道を50mほど進み、商場出入口(7号門)から中に入ります。

そのまま直進して、確か2つ目の通路を左に曲がってすぐのところにあるのが「茶叶季节」。
茶叶の意味は、「茶葉」です。

外観はこちら↓

半年ぶりくらいに来たのに、店員さんは私のことを覚えていてくれていました。
確か今回で4回目の買い物。
私は1度に半年分くらいの茶葉を買っちゃいます。

 

カウンターには様々な茶葉が並べられていて、飲みたいお茶を試飲ができます。
こちらのお店の店員さんは日本語がお上手。

 

お茶の言い伝えや、茶葉の特徴、どのようにして淹れたほうがいいなど、アドバイスもいただけて為になる。

1杯目と2杯目は味が違うので、たいてい1種類につき2杯3杯試飲。

1杯はおちょこくらいの小ささ。

毎回なんだかんだ試飲だけで30分くらいかかってしまう(笑)
10種類くらいは飲んでるからね!
味が全然違うので、好みのお茶が見つかるまで色々試せるのがいい。

個人的には、鳳凰单枞、武夷大红袍 、苏州碧螺春あたりが好みです~

料金は、ほとんどが茶葉の質によって値段が分かれてます。
試飲したお茶が買いたかったら、どのグレードのものを飲んだのかも確認したほうがよいですよ。
料金表の一部↓ 日本円への換算は×16.3(2019年3月現在)

価格表/50g
鉄観音 18元~160元
台湾凍頂烏龍茶 25元~68元
武夷大红袍 48元~180元
鳳凰单枞(蜜兰香) 65~180元
龍井茶 20元~200元

上記は50gあたりですが、もっとたくさん欲しい場合は量り売りしてもらえます。
お茶1杯あたり3gなので、単純計算で17回分くらい。

 

でも中国茶はその3gでだいたい5,6煎飲めるよ~!

何気におつまみのしいたけを乾燥させたお菓子が美味しい。

メニューにない茶葉もお店には置いてあるようなので、何か指定のものがあれば店員さんに聞いてみるのがおすすめです。

たまたまお隣にいた日本人の方が、「煙の味がするお茶(メニューにない)だけは嫌い」と言っていて、そんなお茶があるんだ~という話になり、そのお茶あるよと言って店員さんが棚から出してきてくれました。

あるのかい!

そして私も試飲に便乗。
なんだか燻製のような味・香りでした。私もこれを買おうとは思わないな・・・

存分に試飲を楽しんだら、お好みの茶葉をご購入~
今回も半年分!

店内には、お土産用の小分けにした茶葉や、アソートセットなどもあります。
お茶

円盤タイプのプーアル茶もある。

プーアル茶

その他

上記のお店以外に、この天山茶城にはたくさんのお茶屋さんが入っていて、茶器も販売しています。
いろいろとお店をはしごしてみるのも面白いです☆

茶叶季節
中国語読み方:チャーイエジージエ
英語名:Tea Leaves Season
住所:长宁区中山西路520号天山茶城1059-1060号
tel:021-5253-1246
営業時間:9:00-20:30
アクセス:中山公園または娄山关路駅から徒歩13分
※baidu地図から行き方を確認してみてね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事