中国に住む・旅行・観光する方へ、
これさえ覚えれば乗り切れる安心フレーズ! Part2。

今回はレストラン編。

買い物編はこちらの記事をご参照ください↓↓↓

 

※初心者向けのため、ピンインではなくカタカナ表記で記載します

Lesson 2 レストラン編

お会計時

自分:「マイダン
⇒訳:お会計

これは必須ワードです。
4文字なので、覚えましょう!
食事時以外にも、買い物中支払したい場合に使えます。

いつでも使えるフレーズ

自分:「ティンブドン
⇒訳:わかりません

これはレストランで注文した時に店員さんから何かいろいろ説明されたとして、中国語で言われてもさっぱりわからなかったとします。
きっと「今日はこれがない」とか、「辛くしてもいいか」とか、そういった類だと思いますので、たいていなんとなく理解できるかなと思います。
でもさっぱり分からない時は、このフレーズを言いましょう。

レストランに限らずいろんな場面で使えます。

道端で中国人にガ~~と話しかけられた時とか。

このティンブドンと言う言葉は、「言語を理解することができないので聞いてもわからない」というニュアンスです。

言っていることはわかるけど理解できないという意味ではありません。

これは特に中国に住む方は必須フレーズなのでぜひ覚えましょう。
私は中国に来て1年以上経ちましたが、今もよく使っています。

+α覚えてくと便利な言葉・食事前

自分:「ツァイダン
⇒訳:メニュー
店内に入ったのにメニューをまだもらっていない時や、追加注文したい時にこう言いましょう。

+α覚えてくと便利な言葉・レストランで

自分:「フーユーユェン
⇒訳:店員さん!(呼びかけ)

注文をお願いする時など、店員さんを呼びかける時にこのように声掛けしましょう。
手をあげてジェスチャーでも対応してもらえる場合はありますが、店内が騒がしかったり、混みあっていたりすると声をかけないとなかなか気づいてもらえません。

まとめ

会計⇒「マイダン」
わかりません⇒「ティンブドン」
メニュー⇒「ツァイダン」
店員さん!⇒「フーユーユェン」

中国は英語が通じないところが多いです。
観光で数日しかいない場合はそんなに言葉を覚えても仕方がないので、最小限のものだけ覚えましょう。
これから中国に住む方は、初めの一歩として覚えましょう☆

それでは続いて、Lesson3のタクシー編へ↓↓↓

 

☆ランキングに参加しています☆
記事が参考になりましたらシェアまたは下記をポチしていただけると嬉しいです!


にほんブログ村


上海ランキング

~Thank you for reading through~

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事