中国から郵便物を海外へ発送しなきゃならない!今の今まで一度たりともそういう状況になったことがなかったのですが、とりあえず郵便局のスタッフに聞いたりしてなんとか発送できました。
参考までに流れを書いておこうと思います。

中国郵便局

とりあえず、家から徒歩圏内にある、郵便局らしき建物のところへ行ってみました。
背景が緑、黄色の文字で「中国邮政」と書かれている、あれです。

China Post

色々なところで目にするので、しばらく中国に住んでいればあれはきっと郵便局?と気づくはず!の建物です。

でもこの建物に入ったのは初めて。

日本の郵便局と同じように壁際に伝票を書く台があるのだけど、肝心の伝票が置いていない。

よくわからないのでとりあえず郵便局の方へ聞いてみました。

私:「我想送这个到外国」(これを海外に送りたいんだけど・・・)

スタッフ:「EMS?」

私:そう!それそれ!!

EMS

EMS発送時の持ち物
・パスポート
・現金
・発送物

EMS用のパック(書類を入れる厚紙でできた封筒)はその場でもらえます。
EMSの伝票をもらい、台で記入。

中国語ではなく全部英語で記入しました。
電話番号は極力記入してと言われたけど、わからないと言ったらしぶしぶ受け取ってもらいました。

 

手続きにはパスポート必須のようです。念のため持って行って良かった。
支払いはここでも支付宝かwechat payが使えるのかなと思いきや、現金オンリー

ということで溜まってる1角コインをここぞとばかりに大量に出してきちゃった(;・∀・)
ふぅ財布が軽くなって良かった~

どのくらいで届くのか聞いたら、約1週間とのこと。

以上で終了です。

 

その後はwebから追跡が可能。
日本のEMSのサイトではなく、中国のEMSのサイトへアクセスします。
こちら↓
http://www.ems.com.cn/index.html

英語表記サイトはこちら↓
http://www.ems.com.cn/english.html

トップ画面の中央(左寄り)に、追跡ナンバー。(最後がCNで終わる、13桁のナンバー)を入力する欄があるのでそこに入力。「请输入邮件号」と書いてあるところです。
EMSホームページ画面

入力すると、ポップアップでセキュリティー対策用のパズル合わせが出てくるので、パズルを合わせると、現在の配達の進捗状況が表示されます。
尚、パズルのピースをドラック&ドロップではなく、ポップアップ画面の下にバーがあるのでそれを左右にドラックしてパズルを合わせます。

私はそれに気づかず、パズルのピースを何回もドラックしていて、なんでできないんだー!!となっていました。

そして毎日追跡のチェックしていたのですが、、、、
5日目になっても荷物を出した場所から先に進まない。

でたよ。これだから。

不安になったので、「客服」のところから質問してみました(中国語オンリー)。

荷物を出した翌日に上海国際际邮件駅とやらに届いてはいる。
で、もう5日目ですけど、今どこにあるの?と聞いたら、正確な位置はわからないとの回答・・・

 

追跡の意味なくない? 

 

ま、中国だからね。

とりあえず、待てばいいんでしょ待てば。

 

尚、料金はwebからも事前に調べることができます。

500gごとに追加料金がかかる模様。
こちらから計算できます↓
http://www.ems.com.cn/serviceguide/zifeichaxun/e_zi_fei_cha_xun.html

日本へ送る場合、書類・0.5kgで115元
その他費用(私は+4元でした。保証料?かな?)になります。

以上、中国から国際郵便の送り方でした!

☆こちらの記事もおすすめです☆

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事