おしゃれなカフェや最先端のブランドショップが並ぶ新天地(シンティエンディ)。
この一角に外観も一風変わったホテル、アンダーズ上海があります。
アンダーズブランドは中国では現在ここ上海のみ。
ハイアットグループの一つです。
日本には東京の虎の門にあります。

少し覗いてきたのでブログで感想をまとめました。

Andaz Xintiandi Shanghai
中国語名:上海安达仕酒店
住所:上海市黄浦区嵩山路88号
tel: +862123101234
アクセス:地下鉄「黄陂南路」駅徒歩5分
公式HP:https://www.hyatt.com/zh-CN/hotel/china/andaz-xintiandi-shanghai/shaaz

立地

新天地のお店が並ぶ一角がちょうど一区切りついたあたりにあります。
このあたりはおしゃれなカフェが多く、欧米人も多いです。

雰囲気

全体的に照明が暗めです。

入口を入った瞬間、ANAインターコンチネンタル東京ホテルの香りがしました。
マニアックで分からない方がいらっしゃるかと思いますがすみません。
この香りをどうやって説明したらよいのか、ホワイトムスクにほのかに緑茶が香る感じです。

私はこの香りがすごく気になって日本に住んでいるときネットで調べて購入しました。

Air Aromaのthe vert orientalというアロマです↓↓
※中国からアクセスしている方はVPNをご利用ください

エアアロマ the vert oriental (テヴェールオリエンタル) 13ml

これで自宅がインターコンの香りになります。

個人的にはさっぱり系が好きなので、こちら↓のオレンジフィールドもおすすめです。

エアアロマ orange fields (オレンジフィールド) 13ml

このエアアロマという会社が作っているアロマックスというディフューザーですが、超音波でアロマを細かく吹き上げて拡散します。
これも私は思い切って購入したのですが、スイッチを入れると一瞬で香りが拡散されてすごいです。
水は不要。

水で薄めないし、火であぶらないので、オイル本来の成分を壊すことなく香りをピュアな状態で拡散されるからだそうです。
デメリットは別のアロマオイルを使う時に、前回入れていたオイルがまだ残っていると取り替えるのが面倒なところでしょうか。

エアアロマ Aromax DC Natural

このアロマックスはけっこうお高くて、購入した後にもう少しお手頃な他社メーカーのものを発見しました。
こちらのENERGEアロマディフューザーでも良かったかも、、、ボトルに入れて差し込むだけなのでお掃除も簡単そうです。
実際に私は使ってないのでなんとも言えませんがネブライザー式のディフューザーをお持ちでない方は試してみてはいかがでしょうか。

ENERG e's Explorer アロマディフューザー ネブライザー式 ヨガ室 ホテル 店舗 人気 タイマー機能 精油瓶3個・スポイト付き T11-ENS1

尚、エアアロマのオイルは楽天市場では取り扱っていないようでした。

ちなみにANAインターコンチネンタルホテル東京にはピエールガニエール氏のレストランが入っています。

上海にもガニエールシェフのレストランとカフェがありますので、こちらの記事もご参照ください↓↓↓

はっっっ!!なんだか話がどんどん脱線してしまいました。。。

ラウンジ・その他

ラウンジは赤やパープル系の暖色系のカラーがいろいろありましたが不思議とまとまっていて、ポップな感じですがカジュアルではない。
中央に大きなオブジェがありました。
中国風の置物が飾ってあり、不思議とそれがなじんでいてとても独特な個性がありました。

ラウンジでお茶をしようと思ったのですが、お茶のみの利用はできないとのことでした。
アフタヌーンティセット(確かふたりで390RMBくらい)などの利用は可。
私は他のお店で食事をした後だったので、注文はせずに散策だけして帰りました。

1階の奥に小さなカフェのようなところがあり、そこにアンダーズのエクレア(東京で販売しているものとは少し違うと思います)が売っていました。

お手洗いはとてもきれいでした。

道路に面してテラス席のカフェがあります。

外にはポップな感じのワゴンで月餅を販売していました。

外観は窓枠の角が丸くうねうねしていて、少々近未来的な感じ。

まとめ

とても独特なデザインのホテルでした。
こういうの結構好きです。

東京のアンダーズとどちらがいいか聞かれたら、東京の方が良いです。
そもそもアンダーズホテル東京は出来上がってあまり経っていないのできれいです。
アンダーズタヴァンは高層階で眺めも良いしいい感じですよね。

アンダーズ上海は個性的でインパクトがあり、デザイン性では軍配が上がると思います。

☆こちらの記事もおすすめです☆

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事